English / Japanese

2016年6月更新


業績


投稿論文

  1. Y. Kobayashi and R. Matsui, Manifold Learning Approach toward Constructing State Representation for Robot Motion Generation , Transactions on Computational Collective Intelligence XXIV, Volume 9770 of the series Lecture Notes in Computer Science, pp. 101-116, 2016.
  2. D. Kawakami, K. Makino, Y. Kobayashi, T. Kaneko, A. Yamashita, H. Asama, Projector Camera System Presenting Color Information for Color Vision Deficiency, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 20, No. 1, pp. 26-32, 2016.
  3. Y. Kobayashi, Y. Ohshima, T. Kaneko, A. Yamashita, Meal Support System with Spoon Using Laser Range Finder and Manipulator, International Journal of Robotics and Automation, DOI: 10.2316/Journal.206.2016.3.206-4342.
  4. 伊部公紀,小林祐一,金子透,山下淳,複光路単眼ステレオによる直方体容器中の水中物体の3次元計測,精密工学会誌,Vol. 81, No. 12, pp. 1093-1101, 2015. (精密工学会論文賞受賞)
  5. M. Gouko, Y. Kobayashi, C. H. Kim, Online exploratory behavior acquisition model based on reinforcement learning, Applied Intelligence, DOI: 10.1007/s10489-014-0567-4, Springer, 2014.
  6. M. Awai, A. Yamashita, T. Shimizu, T. Kaneko, Y. Yuichi, Development of Mobile Robot System Equipped with Camera and Laser Range Finder Realizing HOG-Based Person Following and Autonomous Returning, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 26, No. 1, pp. 68-77, 2014.
  7. 郷古 学, 金 天海, 小林祐一, 強化学習による物体識別のための探索行動の獲得, 人工知能学会論文誌, Vol.29, No.1, pp.120-128, 2014.
  8. 伊部公紀,山下淳,金子透,小林祐一,マニピュレータに搭載したレーザレンジファインダを用いた透明容器中の液中物体の3次元形状計測,映像情報メディア学会誌,Vol. 67, No. 11, pp. 1-9, Nov. 2013.
  9. 須永賢治,小林祐一,金子透,平松裕二,藤井北斗,神谷剛志,屋外不整地環境における無人車両のための走路判別,精密工学会誌,Vol. 79, No. 11, pp. 1117-1123, 2013.
  10. 成瀬達哉,山下淳,金子透,小林祐一,魚眼ステレオカメラを用いた水中物体の3次元計測,精密工学会誌,Vol. 79, No. 4, pp. 344-348, 2013.
  11. Y. Kobayashi, E. Kurita and M. Gouko, Integration of Multiple Sensor Spaces with Limited Sensing Range and Redundancy, International Journal of Robotics and Automation, DOI: 10.2316/Journal.206.2013.1.206-3641, 2012. Vol. 28, No. 1, pp. 31-41, 2013.
  12. Y. Kobayashi, T. Okamoto and M. Onishi, Generation of Obstacle Avoidance Based on Image Features and Embodiment, International Journal of Robotics and Automation, Vol. 27, No. 4, 364-376, 2012.
  13. M. Gouko and Y. Kobayashi, A state representation model for robots unaffected by environmental changes, International Journal of Social Robotics, DOI: 10.1007/s12369-012-0164-9, Vol. 5, No.1, 117-125, 2012.
  14. Y. Kobayashi, Y. Sato and M. Gouko, Division of iterative-transportation based on local observation by multiple mobile robots, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.16, No.3, pp. 462-468, 2012.
  15. Yuichi Kobayashi, Masaki Onishi, Shigeyuki Hosoe and Zhiwei Luo, Multi-tasking Arbitration and Behaviour Design for Human Interactive Robots, International Journal of Systems Science, DOI:10.1080/00207721.2011.625477, 2012.
  16. Y. Kobayashi and S. Hosoe, Cooperative Enclosing and Grasping of an Object by Decentralized Mobile Robots Based on Local Observation, International Journal of Social Robotics, DOI: 10.1007/s12369-011-0118-7, 2011.
  17. Yuichi Kobayashi and Takahiro Nomura, Learning of obstacle avoidance with redundant manipulator by hierarchical SOM, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.15, No. 5, 525-531, 2011.
  18. 栗田英介,小林祐一,郷古学,観測範囲に制限のあるセンサ同士の統合によるロボットの行動生成法,計測自動制御学会論文集,第47巻4号,191-199, 2011.
  19. 郷古学,小林祐一,能動的な動きに基づく知覚の恒常性を実現する状態表現,電子情報通信学会論文誌D,Vol. J94-D, no. 5, 862-871, 2011.
  20. 浅水喬大,小林祐一,視覚からの対象物抽出に基づいた到達可能領域と拘束領域の推定による対象物操作の獲得,日本ロボット学会誌,Vol.29, No. 2, 172-183, 2011.
  21. 岡本太一,小林祐一,大西正輝,ロボットの障害物回避行動生成における画像特徴の獲得,日本ロボット学会誌,Vol.28, No. 10, pp.1213-1222, 2010.
  22. Yuichi Kobayashi and Shigeyuki Hosoe, Planning-Space Shift Motion Generation: Variable-space Motion Planning Toward Flexible Extension of Body Schema, Journal of Intelligent and Robotic Systems, volume 62, issue 3-4, 2011. DOI: 10.1007/s10846-010-9465-0
  23. Nobuyuki Kawarai and Yuichi Kobayashi, Learning of whole arm manipulation with constraint of contact mode maintaining, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol. 22, No.4, 542-550 , 2010.
  24. 田向権,黒木良介,華井健太郎,渡辺雅史,松下宗一郎,小林 祐一,関根優年,インターネットブースター: ネットワーク配信可能なhw/sw複合体を用いたWEBアプリケーション,電子情報通信学会論文誌,Vol. J93-D, No.10, pp.2139-2147, 2010.
  25. 小林 祐一,大西 正輝,細江 繁幸,羅 志偉,``人と接するロボットのための並列タスク設計への最適化によるアプローチ,'' 日本ロボット学会誌 Vol. 27, No. 10, 1132-1143, 2009.
  26. Yuichi Kobayashi, Kyouji Otsubo and Shigeyuki Hosoe, Design of Decentralized Capturing Behavior by Multiple Mobile Robots, International Transactions on Systems Science and Applications, Vol. 3, No. 3, 203-210, 2007.
  27. 小林 祐一,大坪 恭士,細江 繁幸,``群ロボットによる協調捕獲行動の自律分散制御,''計測自動制御学会論文集 第43巻8号,663-671,2007
  28. 小林 祐一,加藤 真人,細江 繁幸,``分解能の調節可能な画像情報からの状態空間の構成,'' 日本ロボット学会誌, Vol. 25,No. 5,770-778,2007
  29. 小林 祐一,藤井 博基,細江 繁幸,``一次元空間への低次元化写像を用いた対象物操作の強化学習,'' 計測自動制御学会論文集 第42巻7号,814-821,2006
  30. 上田 隆一,深瀬 武,小林 祐一,新井 民夫,神谷昌吾,``ベクトル量子化による決定論的方策地図の不可逆圧縮,’’日本ロボット学会誌,Vol. 23,No. 1,104-112,2005
  31. 小林 祐一,湯浅 秀男,細江 繁幸,`強化学習のための矩形基底による自律分散型関数近似,'' 計測自動制御学会論文集 第40巻第8号,849-858, 2004
  32. 小林 祐一,深瀬 武,上田 隆一,新井 民夫,湯浅 秀男, ``実時間性と観測コストを考慮した四脚ロボットのサッカー行動設計,'' 日本ロボット学会誌 Vol. 21, No.7, 802-810, 2003
  33. 小林 祐一, 湯浅 秀男, 新井 民夫, ``自律分散系の適応アルゴリズムによる強化学習のための関数近似,'' 計測自動制御学会論文集 第38巻2号, 219-226, 2002
  34. 小林祐一,太田順,井上康介,新井民夫, ``視覚情報を用いた状態・行動空間の自律的生成,'' 計測自動制御学会論文集 第36巻11号, 1029-1036, 2000

国際会議講演論文(査読あり,査読なし1件を含む)

  1. S. Watanabe and Y. Kobayashi, Bottom-up construction of state representation for humanoid robot based on behavior of image feature, Proc. of International Conference on Intelligent Informatics and BioMedical Sciences, pp. 184-189, 2105.
  2. M. A. Bekhti and Y. Kobayashi, Prediction of Vibrations as a Measure of Terrain Traversability in Outdoor Structured and Natural Environments, Proc. of 7th Pacific Rim Symposium on Image and Video Technology, Oral3-4, 2015.
  3. K. Matsumura, M. A. Bekhti and Y.i Kobayashi, Prediction of motion over traversable obstacles for autonomous mobile robot based on 3D reconstruction and running information, Proc. of The 6th International Conference on Advanced Mechatronics, p. 205 (1P2-14), 2015.
  4. S. Ishikawa, Y. Kobayashi, T. Kaneko, S. Ishihara, A. Yamashita, A study on image generation by shifted perspective by two in-vehicle camera images, Proc. of International Workshop on Advanced Image Technology 2015 (IWAIT2015), No. 461, January 2015, Tainan,Taiwan.
  5. T. Inaba and Y. Kobayashi, Extraction of dynamics-correlated factors from image featuresin pushing motion of a mobile robot, Proc. of International Joint Conference on Computational Intelligence, 310-315, Oct. 2014, Rome, Italy.
  6. Takahiro Saito, Yuichi Kobayashi and Tatsuya Naruse, Planning of pushing manipulation by a mobile robot considering cost of recovery motion, Proc. of International Joint Conference on Computational Intelligence, 322-327, Oct. 2014, Rome, Italy.
  7. M. Kondo, K. Sunaga, Y. Kobayashi, Y. Hiramatsu, H. Fujii, T. Kamiya, Path Selection Based on Local Terrain Feature for Unmanned Ground Vehicle in Unknown Rough Terrain Environment, Proc. of IEEE Int. Conf. on Robotics and Biomimetics, pp. 1977-1982 2013, 2013.
  8. D. Kawakami, K. Makino, Y. Kobayashi, T. Kaneko, A. Yamashita and H. Asama, Projector Camera System Presenting Color Information for Color Vision Deficiency, Proc. of International Conference on Simulation Technology, Sep. 2013, Tokyo, Japan.
  9. Y. Kobayashi, R. Matsui and T. Kaneko, Manifold Learning Approach toward Image Feature-based State Space Construction, Proc. of International Joint Conference on Computational Intelligence, pp. 529-534, Sep. 2013, Algarve, Portugal.
  10. M. Gouko, Y. Kobayashi and C. H. Kim. Online exploratory behavior acquisition of mobile robot based on reinforcement learning, Proc. of the 26th Int. Conf. on Industrial Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems, (著書に収録)(Best Paper Nomination)
  11. Hirotoshi Ibe, Atsushi Yamashita, Toru Kaneko and Yuichi Kobayashi: "3D Measurement of Transparent Vessel and Submerged Object Using Laser Range Finder", Proceedings of the International Workshop on Advanced Image Technology 2013 (IWAIT2013), Nagoya (Japan), January 2013.
  12. Fumiya Tsurumi, Yuichi Kobayashi, Toru Kaneko and Atsushi Yamashita: "Removal of Reflection from Nightscape Parallel Stereo Images of Distant View through Window", Proceedings of the International Workshop on Advanced Image Technology 2013 (IWAIT2013), Nagoya (Japan), January 2013.
  13. Masato Kondo, Atsushi Yamashita, Toru Kaneko and Yuichi Kobayashi: "Control of Mobile Robot Equipped with Stereo Camera Using the Number of Fingers", Proceedings of the International Workshop on Advanced Image Technology 2013 (IWAIT2013), Nagoya (Japan), January 2013.
  14. Yutaro Ohshima, Yuichi Kobayashi, Toru Kaneko, Atsushi Yamashita and Hajime Asama: "Meal Support System with Spoon Using Laser Range Finder and Manipulator", Proceedings of the 2013 IEEE Workshop on Robot Vision (WoRV2013), Clearwater Beach (U.S.A.), January 2013.(採択率22%)
  15. Takayuki Somei, Yuichi Kobayashi, Akinobu Shimizu and Toru Kaneko, " Clustering of Image Features Based on Contact and Occlusion among Robot Body and Objects", Proceedings of the 2013 IEEE Workshop on Robot Vision (WoRV2013), Clearwater Beach (U.S.A.), January 2013. (採択率22%)
  16. Manabu Gouko, Yuichi Kobayashi, Chyon Hae Kim, "Reinforcement learning for discernment behavior acquisition," Proceedings of 2012 IEEE International Conference on Robotics and Biomimetics (ROBIO2012), Guangzhou, China, (2012-12).
  17. K. Watanabe, R. Kawanishi, A. Yamashita, Y. Kobayashi, T. Kaneko and H. Asama: "Mobile Robot Navigation in Textureless Unknown Environment Based on Plane Estimation by Using Single Omni-directional Camera", Proceedings of the 2012 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2012), Fukuoka (Japan), December 2012
  18. S. Uematsu, Y. Kobayashi, A. Shimizu, T. Kaneko, Prediction of object manipulation using tactile sensor information by a humanoid robot, Proc. of IEEE Int. Symposium on Robotic and Sensors Environments, 37-42, Magdeburg (Germany), Nov. 2012. (査読有),
  19. T. Sekiguchi, Y. Kobayashi, A. Shimizu, T. Kaneko, Online learning of optimal robot behavior for object manipulation using mode switching, Proc. of IEEE Int. Symposium on Robotic and Sensors Environments, 61-66, Nov. 2012. Magdeburg, Germany(査読有)
  20. (査読なし)Y. Kobayashi, E. Kurita and M. Gouko, Building Subjective Spatial Perception Based on Sensor Space Integration for Motion Generation, Proc. of IEEE ICDL-EPIROB 2011, August, 2011. Frankfurt, Germany
  21. M. Gouko and Y. Kobayashi, A State Representation Unaffected by Environmental Changes, Proc. of the 15th International Conference on Advanced Robotics, 396-401, 2011. Tallinn, Estonia, (2011-6).
  22. Eisuke Kurita, Yuichi Kobayashi, Manabu Gouko, Motion Generation by Integration of Multiple Observation Spaces for Robots with Limited Range of Observation, 2011 International Conference on Control, Robotics and Cybernetics, Vol.1, 86-90, 2011.
  23. Yuta Sato, Yuichi Kobayashi, Manabu Gouko, Division of Iterative-transportation Based on State Estimation Using Local Observation, 2011 International Conference on Control, Robotics and Cybernetics, Vol.1, 187-191, 2011.
  24. Yuta Sato and Yuichi Kobayashi, ``Division of labor by decentralized mobile robots in cooperative iterative-transportation,'' Proceedings of International Symposium on Robots and Intelligent Sensors, 109-112, 2010.
  25. Nobuyuki Kawarai and Yuichi Kobayashi, ``Acquisition of whole-arm manipulation with restriction of action space caused by contact modes,'' Proceedings of International Symposium on Robots and Intelligent Sensors, 83-88, 2010.
  26. Hakaru Tamukoh, Kentaro Hanai, Ryosuke Kurogi, Soichiro Matsushita, Masashi Watanabe, Yuichi Kobayashi, and Masatoshi Sekine, Internet Booster: A Networked Hw/Sw Complex System and Its Application to Hi-Performance WEB Application, Proc. of World Automation Congress (WAC2010), 7th International Forum on Multimedia and Image Processing, 2010.
  27. Manabu Gouko and Yuichi Kobayashi, State representation with perceptual constancy based on active motion, International conference on social robotics, 2010.
  28. Takahiro Asamizu and Yuichi Kobayashi, ``Acquisition of image feature on collision for robot motion generation,'' 9th Int. Conf. on Intelligent Systems Design and Applications, 1312-1317, 2009.
  29. Taichi Okamoto, Yuichi Kobayashi and Masaki Onishi, ``Acquisition of Body and Object Representation Based on Motion Learning and Planning Framework,'' 9th Int. Conf. on Intelligent Systems Design and Applications, 737-742, 2009.
  30. Yuichi Kobayashi and Shigeyuki Hosoe, ``Planning-Space Shift Learning: Variable-space Motion Planning toward Flexible Extension of Body Schema,'' Proc. of IEEE/RSJ Int. Conf. on Intelligent Robot and Systems, 373-379, 2009.
  31. Yuichi Kobayashi, Masaki Onishi, Shigeyuki Hosoe, Zhiwei Luo, ``Behavior Design of A Human-interactive Robot through Parallel Tasks Optimization,'' Proc. of the 9th International Symposium on Distributed Autonomous Robotic Systems  (DARS2008),
  32. Yuichi Kobayashi, Masashi Shibata, Shigeyuki Hosoe and Yoji Uno, ``Learning of Object Manipulation with Stick/Slip Mode Switching,'' IEEE/RSJ 2008 Int. Conf. on Intelligent Robot and Systems, 373-379, 2008.
  33. Yuichi Kobayashi, Maski Onishi, Shigeyuki Hosoe and Zhiwei Luo, ``Behavior Design of Human-interactive Robot by Stochastic Petri-net and Optimal Control,'' Proc. of IEEE SMC International Conference on Distributed Human-Machine Systems 2008, 69-76, 2008.
  34. Yuichi Kobayashi and Shigeyuki Hosoe, ``Planning-Space Shift Learning toward Flexible Hierarchy Generation,'' Proc. of the Seventh Int. Conf. on Epigenetic Robotics, 61-68, 2007.
  35. Yuichi Kobayashi, Kyouji Otsubo and Shigeyuki Hosoe, ``Design of Decentralized Capturing Behavior by Multiple Mobile Robots,'' IEEE 2006 Workshop on Distributed Intelligent Systems, 13-18, 2006.
  36. Yuichi Kobayashi, Hiroki Fujii and Shigeyuki Hosoe, ``Reinforcement Learning for Manipulation Using Constraint between Object and Robot,'' IEEE Int. Conf. on Systems, Man & Cybernetics, Hawaii USA., 871-876, 2005.
  37. Masato Kato, Yuichi Kobayashi and Shigeyuki Hosoe, ``Optimizing Resolution for Feature Extraction in Robotic Motion Learning ,'' IEEE Int. Conf. on Systems, Man & Cybernetics, Hawaii USA, 1086-1091, 2005.
  38. Yuichi Kobayashi and Shigeyuki Hosoe, ``Motion Planning with Multiple Resolutions: Integration of Evaluation Space,'' IEEE Int. Conf. on Systems, Man & Cybernetics, Hague, Netherland, 750-755, 2004.
  39. Yuichi Kobayashi and Shigeyuki Hosoe, ``Self-organization of Evaluation Space using State Discretization Resolution,'' IEEE Int. Conf. on Intelligent Robot and Systems, Sendai, Japan, 1756-1761, 2004.
  40. Yuichi Kobayashi and Shigeyuki HOSOE, ``Hyper-Cubic Discretization in Reinforcement Learning Based on Autonomous Decentralized Approach,'' IEEE Int. Conf. on Systems, Man & Cybernetics, Washington D.C. USA, 3633-3638, 2003.
  41. Ryuichi Ueda, Takeshi FUKASE, Yuichi KOBAYASHI and Tamio ARAI. ``Vector Quantization for State-Action Map Compression,'' Proc. of Int. Conf. on Robotics and Automation 2003, Taipei, Taiwan, 2356-2361, 2003.
  42. Yuichi KOBAYASHI and Shigeyuki HOSOE, ``Adaptive Resolution Function Approximation for TD-learning: Simple Division and Integration,'' Proc. of SICE Annual Conference 2003, Fukui, Japan, 3023-3028, 2003.
  43. Yuichi KOBAYASHI, Hideo YUASA and Shigeyuki HOSOE, ``Q-learning with Adaptive Resolution Function Approximation based on Graph,'' Proc. of the ICASE/SICE Workshop: Intelligent Control and Systems, Muju, Korea, 79-84, 2002.
  44. Yuichi Kobayashi, Hideo Yuasa, and Tamio Arai, ``Function Approximation for Reinforcement Learning Based on Reaction-Diffusion Equation on a Graph,'' Proc. of SICE Annual Conference 2002, Osaka, Japan, 916-921, 2002.
  45. Ryuichi Ueda, Takeshi Fukase, Yuichi Kobayashi, Tamio Arai, Hideo Yuasa, and Jun Ota, ''Uniform Monte Carlo Localization - Fast and Robust Self-localization Method for Mobile Robots,'' Proc. of International Conference on Robotics and Automation, 1353-1358, 2002.
  46. Takeshi Fukase, Yuichi Kobayashi, Ryuichi Ueda, Takanobu Kawabe and Tamio Arai, ``Real-time Decision Making under Uncertainty of Self-Localization Results,’’ The 2002 International RoboCup Symposium Pre-Proceedings, 372-379, 2002.
  47. Yuichi KOBAYASHI, Hideo YUASA and Tamio ARAI, ``Learning using multidimensional internal rewards,'' Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robot and Systems, Takamatsu, Japan, 2000.
  48. Masahiro YOKOI, Yuichi KOBAYASHI, Takeshi FUKASE, Hideo YUASA and Tamio ARAI, ``Learning Self-localization with Teaching System,'' Proc. of IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robot and Systems, Takamatsu, Japan, 2000.
  49. Yuichi KOBAYASHI, Jun OTA, Kousuke INOUE and Tamio ARAI, ``State and Action Space Construction Using Vision Information,'' Proc. of IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics, Tokyo, Japan, V447-452, 1999.

受賞

  1. 2016年3月,精密工学会誌掲載論文「複光路単眼ステレオによる直方体容器中の水中物体の3次元計測」により精密工学会論文賞受賞.
  2. (皆川正太郎:指導学生)2015年12月,SICE SI2015(計測自動制御学会 システムインテグレーション部門大会)「制御入力とセンサ情報の関係を用いたヒューマノイドロボットの動的なバランス制御」により優秀講演賞受賞(発表者:皆川正太郎).
  3. 2014年,SICE SI2014 (計測自動制御学会 システムインテグレーション部門大会),「モジュール構造を持つ学習型能動知覚モデル」により優秀講演賞受賞(発表者:郷古学).
  4. 2013年,26th International Conference on Industrial, Engineering & Other Applications of Applied Intelligent Systems (IEA/AIE-2013)での発表``Online exploratory behavior acquisition of mobile robot based on reinforcement learning''によりNomination for the Best Paper Award(発表者:M. Gouko)
  5. (川上大樹:指導学生)2013年9月,JSST 2013 Outstanding Presentation Awardを受賞,日本シミュレーション学会全国大会
  6. (染井貴之:指導学生)2012年3月,東京農工大学大学院優秀修士論文賞を受賞
  7. 2008年,第25回日本ロボット学会学術講演会発表「人と接するロボットのための認識・対話設計法-Petri-net と最適制御からのアプローチ」により日本ロボット学会第23回研究奨励賞受賞.
  8. 2006年,SICE SI2006 (計測自動制御学会 システムインテグレーション部門主催),「人と接するロボットRI-MANのための認識・行動の調停法」により優秀講演賞受賞.
  9. 2006年,第16回インテリジェント・システム・シンポジウム(日本機械学会主催),「分散協調捕獲行動のための群移動ロボット制御」によりベストプレゼンテーション賞受賞.
  10. 2000年,四脚ロボットによる多様なサッカー行動生成により日本ロボット学会賞受賞.

招待講演

  1. 2015年12月15日,第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 OS「制御と組込みにおける学習の研究展開」Keynote講演「ロボット動作の構造を利用した動作学習-ダイナミクスの空間連続性/切り替わりを利用した学習法(仮題:ロボットの運動計画と統計的学習)」2015年12月15日,名古屋国際会議場
  2. 2015年12月3日,平成27年度研修会事業 工学セミナー(静岡県機械金属工業協同組合連合会主催)「人工知能・機械学習の現在地と非整備環境での自律型知能ロボットの応用可能性」,浜松商工会議所
  3. 2015年7月31日,第93回ロボット工学セミナー(ロボットの知能とデータ構造-身体と環境の継続的な相互作用)「環境・身体・タスクの変動に強いロボット知能構築のための視点とアプローチ」,2015年7月31日,中央大学後楽園キャンパス
  4. 2014年7月18日,産学官交流講演会(静岡市清水産業・情報プラザ主催)「不確実さと最適性を考慮したセンサ情報処理と制御」,静岡商工会議所・清水事務所

特許

  1. Navigation Device, Simulation Device, Moving Device, and Navigation Method (14823449.5 - 1557 PCT/JP2014003250), 2016/02/22
  2. ナビゲーション装置、シミュレーション装置、移動装置およびナビゲーション方法(出願番号2013-145891)

解説記事

  1. 小林祐一,細江繁幸,``マルチエージェントシステムの自律分散制御 - 群移動ロボットによる協調捕獲行動,'' 計測と制御 第46巻第3号,pp.178-184, 2007.
  2. 小林祐一,湯浅秀男,新井民夫,``脚型ロボットを用いたロボットサッカー,'' 精密工学会誌 Vol.2, No.66 pp.185-188, 2000.

書籍・訳書

  1. M. A. Bekhti and Y. Kobayashi, Prediction of Vibrations as a Measure of Terrain Traversability in Outdoor Structured and Natural Environments, Lecture Notes in Computer Science (LNCS) 9431, 7th Pacific-Rim Symposium, PSIVT 2015 Auckland, New Zealand, November 25-27, 2015, Revised Selected Papers, Thomas Braunl, Brendan McCane, Mariano Rivera, Xinguo Yu (Eds.) 2016. (DOI: 10.1007/978-3-319-29451-3, ISBN: 978-3-319-29450-6)
  2. Yuichi Kobayashi and Shigeyuki Hosoe, ``Reinforcement learning approach to object-contact motion with estimation of low-dimensional submanifold and mode-boundary,'' V. Kordic (Eds.) Cutting Edge Robotics, In-tech, 85-108, 2010/2.
  3. Yuichi Kobayashi, Maski Onishi, Shigeyuki Hosoe and Zhiwei Luo, ``Behavior Design of Human-interactive Robot by Stochastic Petri-net and Optimal Control,'' Vladimir Marik, Jeffrey M. Bradshaw, Joachim Meyer, William A. Gruver, Petr Benda (Eds.) Proc. of IEEE SMC International Conference on Distributed Human-Machine Systems 2008, 69-76, 2008. ISBN: 978-80-01-04027-0
  4. Yuichi Kobayashi ans Shigeyuki Hosoe, ``Planning-Space Shift Learning toward Flexible Hierarchy Generation,'' Berthouze, L., Prince, C.P., Littman, M., Kozima, H., and Balkenius, C. (Eds.) Proc. of the Seventh Int. Conf. on Epigenetic Robotics: Modeling Cognitive Development in Robotic Systems, Lund University Cognitive Studies, 134. 61-68, 2007. ISBN: 91-974741-8-5
  5. Yuichi Kobayashi, Kyouji Otsubo and Shigeyuki Hosoe, ``Design of Decentralized Capturing Behavior by Multiple Mobile Robots,'' Vladimir Marik, William A. Gruber, Miachael Pechoucek, Libor Preucil, (Eds.) IEEE 2006 Workshop on Distributed Intelligent Systems, the IEEE Computer Society, 13-18, 2006. ISBN: 0-7695-2589-X
  6. Shigeyuki Hosoe, Yuichi Kobayashi and Mikhail Svinin, ``Understanding and realization of constrained motion - human motion analysis and robotic learning approaches,'' T. Arai, R. Pfeifer, T. Balch and H. Yokoi (Eds.) Intelligent Autonomous Systems 9, IOS Press (2006) ISBN:1-58603-595-9
  7. Takeshi Fukase, Yuichi Kobayashi, Ryuichi Ueda, Takanobu Kawabe and Tamio Arai, ``Real-time Decision Making under Uncertainty of Self-Localization Results, pp. 375-383, G. A. Kaminka, P. U. Lima, R. Rojas, (Eds.) RoboCup 2002: Robot Soccer World Cup VI, LNAI 2752, Springer-Verlag (2003) ISBN: 3-540-40666-2
  8. Tamio Arai, Takeshi Fukase, Ryuichi Ueda, Yuichi Kobayashi, and Takanobu Kawabe, ``The Team Description of ARAIBO," A. Birk, S. Coradeschi, and S. Tadokoro (Eds.): RoboCup 2001: Robot Soccer World Cup V, LNAI 2377, pp. 730-733, 2002. Springer-Verlag (2002/07) ISBN: 3540439129
  9. Takeshi Fukase, Masahiro Yokoi, Yuichi Kobayashi, Ryuichi Ueda, Hideo Yuasa and Tamio Arai, ``Quadruped Robot Navigation Considering the Observational Cost," A. Birk, S. Coradeschi, and S. Tadokoro (Eds.): RoboCup 2001: Robot Soccer World Cup V, LNAI 2377, pp. 350-355, 2002. Springer-Verlag (2002/07) ISBN: 3540439129
  10. Yuichi Kobayashi, ``Team ARAIBO,'' pp.619-622, RoboCup 2000: Robot Soccer World Cup IV, Peter Stone and Tucker Balch and Gerhard K. Kraetzschmar (Eds.), Springer, Lecture Note in Artificail Intelligence (2019), ISBN: 3540421858
  11. Yuichi Kobayashi and Hideo Yuasa, ``Team ARAIBO,''pp. 758-761, RoboCup-99: Robot Soccer World Cup III (Lecture Notes in Computer Science / Lecture Notes in Artificial Intelligence) Manuela Veloso, Enrico Pagello, Hiroaki Kitano (Eds.), Springer, ISBN: 3540410430
  12. R. Pfeifer, C. Scheier 著, 石黒章夫, 小林宏, 細田耕 監訳, ``知の創成 ---身体性認知科学への招待---,'' (原著 : R. Pfeifer, C. Scheier : Understanding Intelligence, MIT Press, (1999)), 第8章, 共立出版, 2001.11

口頭発表

  1. 皆川正太郎,小林祐一,高野渉:制御入力とセンサ情報の関係を用いたヒューマノイドロボットの動的なバランス制御,第43回知能システムシンポジウム, B1-1,2016.
  2. 松村和紀, Mohammed Abdessamad Bekhti, 松永翔, 小林祐一, 金天海:ステレオビジョンと走行経験にもとづく自律移動車両の軌道計画,第43回知能システムシンポジウム,A1-4,2016.
  3. 江藤圭吾,沼倉彬雄,小林祐一,金天海,力学系学習木を用いた車体動力学の推定,第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2D3-3, pp. 1303-1308, 2015.
  4. 皆川正太郎,小林祐一,高野渉,ヒューマノイドロボットによるダイナミクス推定に基づいたバランス制御,第16回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会2D3-6,pp. 1317-1319, 2015.(優秀講演賞受賞)
  5. 小林祐一,渡部聡:知覚要素間の依存関係ネットワーク構築にもとづくロボットの自律的な環境認識,計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会講演論文集,pp. 112-115 (GS3-6), 2015.
  6. 松永翔,小林祐一,金天海:速度項を考慮したRASMOによる無人車両のための最適経路計画,第21回創発システムシンポジウム,P18,2015(9月),諏訪市.
  7. 松村和紀,小林祐一:画像認識と走行経験に基づく車両型自律移動ロボットのための走破可能な障害物の認識,ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1P1-K04,2015年(5月),京都市.
  8. 皆川正太郎,小林祐一,高野渉:ヒューマノイドロボットによるバランスを考慮した物理モデルを用いない軌道探索,ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,1P2-B08,2015年(5月),京都市.
  9. 松永翔,小林祐一:車両ダイナミクスを考慮したRASMOによる無人車両のための最適経路計画,ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,2P1-G03,2015年(5月),京都市.
  10. 松本武士,小林祐一:モード切り替えを行う複数移動ロボットのモンテカルロ法を用いた協調押し動作の動作計画,ロボティクス・メカトロニクス講演会2015,2P1-V10,2015年(5月),京都市.
  11. 荒浪太一,鈴木晶,三浦憲二郎,小林祐一,臼杵深:モーションキャプチャデータに基づく動きの評価,2015年度精密工学会春季大会学術講演会,H21 (2015年3月)
  12. 太田章博,亀山智,小林祐一:”失敗例のフィードバックを用いた接触モードを維持する物体操作制御法とその実機による検証”,第42回知能システムシンポジウム,37, 2015(3月),神戸市
  13. 齊藤貴大,小林祐一,成瀬達也:動的計画法による不確実性を考慮した修復動作を含んだ行動計画,第42回知能システムシンポジウム,31, 2015(3月),神戸市
  14. 深澤友輔,松永翔,小林祐一:車両のエネルギーコストと揺れを考慮したLRF情報によるUGVのための走路評価,第42回知能システムシンポジウム,50, 2015(3月),神戸市
  15. 稲葉貴大,小林祐一:移動ロボットによる環境ダイナミクス予測のための画像情報からの特徴抽出1C1-1,第27回自律分散システム・シンポジウム,2015(1月),東京都
  16. ベクティ モハッメド アブデゥサマド,小林祐一:移動ロボットナビゲーションのための視覚にもとづいた 路面走行可能性の推定1C1-3,第27回自律分散システム・シンポジウム,2015(1月),東京都
  17. 郷古学,金天海,小林祐一:モジュール構造を持つ学習型能動知覚モデル,1M4-1,第15回システムインテグレーション部門講演会(SI2014),2014(12月),東京都
  18. 渡部聡,小林祐一:ロボットのボトムアップな状態識別における視覚特徴点の遮蔽の定量化を用いた依存ネットワークの構築法”,1M4-2,第15回システムインテグレーション部門講演会(SI2014),2014(12月),東京都
  19. 石川 諭, 小林 祐一, 金子 透, 石原 進,山下 淳,” 2枚の車載カメラ画像からの視点変更画像生成に関する検討”, 映像情報メディア学会年次大会,3-5, 2014(9月).
  20. 稲葉貴大,小林祐一,金子透,” ロボットによる物体押し動作における環境ダイナミクス影響因子の推定法”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,1A1-X02,2014年(5月),富山市.
  21. 皆川正太郎,小林祐一,金子透,” ヒューマノイドロボットによる触覚情報を用いた物体抱え上げの予測およびデータ収集法”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,3A1-D05,2014年(5月),富山市.
  22. 渡部聡,小林祐一,金子透,”視覚特徴点の依存関係を用いたロボットの状態識別と動作生成”, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,3P2-Q01,2014年(5月),富山市
  23. M. A. Bekhti, S. Tanaka, Y. Kobayashi and T. Kaneko, Image Feature-based Traversability Analysis for Mobile Robot Navigation in Outdoor Environment, ロボティクス・メカトロニクス講演会2014,1P1-C06,2014年(5月),富山市.
  24. 齊藤貴大,小林祐一,金子透,平松裕二,藤井北斗,神谷剛志,”不整地環境下での動的計画法を用いたUGVのための最適制御”,精密工学会春季大会,pp. 237-238,2014(3月), 東京都.
  25. 伊部公紀,小林祐一,金子透,山下淳,”バンドル調整に基づく直角面越し複光路単眼ステレオによる水中物体の3次元形状計測”, 精密工学会春季大会,pp. 979-980,2014(3月), 東京都.
  26. 近藤正人,小林祐一,金子透,平松裕二,藤井北斗,神谷剛志,”仮想環境での価値観数との相関を利用した無人車両の行動選択法”,第41回知能システムシンポジウム,A12-2,2014(3月),東京都.
  27. 松崎燦心,小林祐一,金子透,”モード切り替えを行う複数ロボットの協調による押し動作の生成”,第41回知能システムシンポジウム,C21-1,2014(3月),東京都.
  28. 川上大樹,小林祐一,金子透,”ハンド・アームロボットによるモデルと実環境の間のずれを考慮した物体の回転操作”,第41回知能システムシンポジウム,C21-4,2014(3月),東京都.
  29. 近藤正人,須永賢治, 深澤友輔,小林祐一,金子 透,平松 裕二,藤井 北斗,神谷 剛志,”無人車両の走行経験を利用したLRF情報にもとづく走行可能性推定”,第14回システムインテグレーション部門講演会(SI2013) pp. 1647-1652,2013(12月),神戸市.
  30. 伊部 公紀, 金子 透, 小林 祐一, 山下 淳,” 直角面容器越し複光路単眼ステレオによる水中物体の3次元形状計測”,ビジョン技術の実利用ワークショップ(ViEW2013),2013(12月),横浜市.
  31. 郷古 学,小林 祐一,金天海,” 学習型能動知覚モデルを用いた実環境下における行動学習”,第31回日本ロボット学会学術講演会予稿集,2C1-04,2013(9月),東京都.
  32. 近藤 正人,小林 祐一,金子 透,平松 裕二,藤井 北斗,神谷 剛志,”未知屋外不整地環境での無人車両ナビゲーションにおける局所地形特徴量にもとづく経路選択法”,第31回日本ロボット学会学術講演会予稿集,2K2-05,2013(9月),東京都.
  33. 稲葉 貴大,小林 祐一,"画像情報およびロボットの動作情報を用いた物体の可動性の判別’’,第19回創発システムシンポジウム,p.21, 8月,2013.
  34. 牧野 海渡, 川上 大, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳, 浅間 一,”プロジェクタ・カメラシステムを用いたテクスチャマッピングと点滅表示による色情報提示”, 精密工学会画像応用技術専門委員会サマーセミナー,2013(8月).
  35. 石川 諭, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳, 石原 進,” 車載カメラ画像からの視点変更画像生成に関する検討”, 精密工学会画像応用技術専門委員会サマーセミナー,2013(8月).
  36. 磯貝 拓哉, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳,”距離画像によるヒューマノイドの位置姿勢計測”, 精密工学会画像応用技術専門委員会サマーセミナー,2013(8月).
  37. 小林 祐一,染井 貴之,金子 透: "特徴点の依存関係ネットワークにもとづいたロボットの状態識別," 第27回人工知能学会全国大会, 講演論文集, 2G4-OS-19a-5, 2013(6月) ,富山市
  38. 伊部 公紀, 山下 淳, 金子 透, 小林 祐一: "レーザレンジファインダによる透明容器と液中物体の3次元形状計測", 動的画像処理実利用化ワークショップ2013講演論文集, 浜松, March 2013.
  39. 大島 悠太郎, 小林 祐一, 金子 透, 山下 淳: "レーザレンジファインダとマニピュレータを用いたスプーンを使う食事支援システム", 動的画像処理実利用化ワークショップ2013講演論文集, 浜松, March 2013.
  40. 須永 賢治, 小林 祐一, 金子 透,ヤマハ発動機:平松裕二,藤井北斗,神谷剛志: "複数の特徴量抽出に基づいた走行可能経路の判別", 動的画像処理実利用化ワークショップ2013講演論文集, 浜松, March 2013.
  41. 近藤正人, 小林祐一, 金子透, ヤマハ発動機:平松裕二, 藤井北斗, 木戸徹, 神谷剛志, 今井浩久: "屋外不整地環境での無人車両ナビゲーションのための大域的動作計画", 第13回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集(SI2012), 福岡, December 2012.
  42. 郷古学,小林祐一,金天海,"強化学習を用いた物体識別のための探索行動の獲得,” 第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集,AC3N1-2, 2012(9月) ,札幌市.
  43. 染井貴之,小林祐一,清水昭伸,金子透,"重点サンプリングによる探索を利用した空間認知のための視覚特徴クラスタ統計学習,” 第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集,AC3N1-4, 2012.
  44. 植松重之,小林祐一,清水昭伸,金子透,"体性感覚情報を用いた抱え上げ動作達成の認識と予測,” 第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集,AC3N2-3, 2012(9月),札幌市
  45. 関口拓生,小林祐一,清水昭伸,金子透,"離散・連続的ダイナミクスを考慮したロボット動作のオンライン学習,” 第30回日本ロボット学会学術講演会予稿集,AC4N1-7, 2012(9月) ,札幌市.
  46. 郷古学, 小林祐一, 金天海, "移動ロボットを用いた物体識別のための探索行動の学習," 第26回人工知能学会全国大会, 講演論文集, 2K1-R-11-1, 2012.
  47. 郷古学, 小林祐一, 金天海, "移動ロボットによる物体識別のための探索行動の自律的獲得," ロボティクス・メカトロニクス講演会2012, 2A1-M08, 2012.
  48. 松井良介,小林祐一,染井貴之:``局所線形埋め込みを用いたロボットの障害物回避行動のための視覚特徴空間の構成法”,第24回自律分散システム・シンポジウム資料,37-40,2012.
  49. 篠田真也,小林祐一,植松重之:``モデル予測制御による接触モデルを学習・修正可能な物体操作法”,第24回自律分散システム・シンポジウム資料,151-156,2012.
  50. 植松重之,小林祐一:``力覚情報を用いた抱え上げ動作のための特徴抽出”, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 2409-2412, 2011.
  51. 染井貴之,小林祐一:``視覚特徴を用いた対象物体と身体とのオクルージョンを含んだ統計的予測モデル生成”, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1633-1636, 2011.
  52. 関口拓生,小林祐一:``逐次最小二乗法を用いた連続行動空間での最適行動の学習”, 計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会, 1618-1620, 2011.
  53. 小林祐一,``観測変数間の依存関係学習による行動生成と行動志向型の対象認識”, 第17回創発システムシンポジウム講演資料集,89-92, 2011.
  54. 小林祐一,栗田英介,郷古学:``観測空間ダイナミクスの外延を用いた不完全な知覚を有するロボットの行動生成”, 2011年度人工知能学会全国大会,1G3-1,2011.
  55. 小林祐一,坪田真延:``教示データからの特徴空間の構成にもとづく力覚情報を用いた抱え上げ行動の生成”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A1-O09,2011.
  56. 松井良介,染井貴之,小林祐一:``局所線形埋め込みを用いたロボット動作のための視覚特徴空間の生成”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A1-O07,2011.
  57. 関口拓生,小林祐一:``高次元空間における行動生成のための大域的・局所的最適制御法”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2011,1A1-M03,2011.
  58. 植松重之,篠田真也,高崎雄太,小林祐一:``近似関数の局所特徴に基づいた対象物操作獲得のための探索戦略”, 第38回知能システムシンポジウム資料,149-152,2011.
  59. 染井貴之,松井良介,小林祐一:``空間認知のための画像特徴による身体図式獲得,” 第38回知能システムシンポジウム資料, 361-364,2011.
  60. 高崎雄太,小林祐一:``SVMによる接触モード推定を用いたオンライン対象物操作学習”, 第23回自律分散システム・シンポジウム資料, 79-84, 2011.
  61. 栗田英介,小林祐一,郷古学:``不完全な知覚を有するロボットの行動学習のためのセンサ観測空間の低次元化”, 第23回自律分散システム・シンポジウム資料, 85-90, 2011.
  62. 郷古学,小林祐一:``能動的な動きにもとづく不変量を用いた状態表現”, 計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会, 394-397, 2010.
  63. 里悠太,小林祐一,郷古学:``自律分散型移動ロボットの協調繰り返し搬送における役割分担'', 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2009講演論文集,2203-2206, 2010.
  64. 栗田英介,小林祐一,郷古学:``観測範囲に制限のあるセンサを搭載したロボットの学習にもとづいた行動生成法'', 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2010講演論文集,1515-1518, 2010.
  65. 篠田真也,小林祐一,高崎雄太,河原井伸行:``接触モード境界推定に基づいたモデル予測制御による対象物操作'', 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2010講演論文集,1944-1947, 2010.
  66. 郷古学,小林祐一,``能動的な動きにもとづく知覚の恒常性の実現と行動学習”, 第24回人工知能学会全国大会,2E3-1,2010.
  67. 郷古学,小林祐一,``恒常性を有するロボットの状態表現’’, 日本生態心理学会第3回大会発表論文集,2010.
  68. 郷古学,小林祐一,``恒常性を実現する能動知覚と行動学習’’, ロボティクス・メカトロニクス講演会2010,2P1-F19,2010.
  69. 里悠太,小林祐一,``自律分散型移動ロボットの協調繰り返し搬送における役割分担'', 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2009講演論文集,302-305, 2009.
  70. 河原井伸行,小林祐一,``行動空間に拘束条件のある対象物操作の制御則獲得'', 計測自動制御学会システム・情報部門学術講演会2009講演論文集,420-423, 2009
  71. 浅水喬大,小林祐一,``運動学習と動作計画のためのロボットの身体と対象物表現の獲得", 第27回日本ロボット学会学術講演会予稿集,AC1L1-04, 2009.
  72. 岡本太一,小林祐一,大西正輝,``ロボットの動作生成のための画像特徴の獲得", 第27回日本ロボット学会学術講演会予稿集,AC1L1-05, 2009.
  73. 栗田英介,里悠,小林祐一,``不完全な知覚のセンサ同士の統合によるロボットの行動生成法", 第27回日本ロボット学会学術講演会予稿集,AC1L1-03, 2009.
  74. 栗田英介,里悠太,小林祐一:``拡散学習を用いた不完全な知覚を有するロボットのための状態推定法'', ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 1A1-F16, 2009.
  75. 高崎雄太,河原井伸行,小林 祐一:``SVMと補間を利用した対象物操作学習のための接触モード境界推定'', ロボティクス・メカトロニクス講演会2009, 2A2-E05, 2009.
  76. 野村貴洋,浅水喬大,小林祐一:"自己組織化マップと強化学習を用いた冗長マニピュレータの動作獲得", 第36回知能システムシンポジウム資料,107-110,2009.
  77. 高崎雄太,河原井伸行,小林祐一:"マニピュレータを用いた対象物操作学習のための接触モード境界推定", 第36回知能システムシンポジウム資料,337-342,2009.
  78. 小林祐一: "対象物接触動作における視覚特徴空間の生成", 第20回自律分散システム・シンポジウム資料, 47-52, 2009.
  79. 浅水喬大,小林祐一,``対象との関係を考慮した身体像の獲得によるロボットアームの動作生成", 第26回日本ロボット学会学術講演会予稿集,3F1-02, 2008.
  80. 岡本太一,浅水喬大,小林祐一,大西正輝,``距離画像からの身体の抽出を用いたマニピュレータによるリーチング行動の学習", 第26回日本ロボット学会学術講演会予稿集,3F1-03, 2008.
  81. 河原井伸行,小林祐一,``マニピュレータを用いた対象物の抱きかかえ操作における制御の獲得", 第26回日本ロボット学会学術講演会予稿集,3K1-01, 2008.
  82. 里悠太,小林祐一,``生物の行動モデルによる群移動ロボットの協調経路最適化'', 第26回日本ロボット学会学術講演会予稿集,3O1-05, 2008.
  83. 小林祐一,細江繁幸: "動作計画空間の動的変更の可能な対象物操作の行動学習法", 第19回自律分散システム・シンポジウム資料, 95-100, 2008.
  84. 柴田真史, 小林祐一, 細江繁幸, 宇野洋二: "滑り条件を考慮した対象物操作法の学習,"第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 783-784, 12月 (2007).
  85. 小林祐一, 大西正輝, 細江繁幸, 羅 志偉: "Petri-netを用いた人と接するロボットのため並列タスク設計法", 第8回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, 1242-1243, 12月 (2007).
  86. 小林祐一, 大西正輝, 細江繁幸, 羅 志偉: "人と接するロボットのための認識・対話設計法-Petri-net と最適制御からのアプローチ", 第25回日本ロボット学会学術講演会予稿集, 1E361, 9月 (2007).
  87. 小林祐一, 大西正輝, 細江繁幸, 中島弘道, 羅 志偉: "人と接するロボットRI-MANのための認識・行動調停法", 第7回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会論文集, pp.1160-1161, 12月 (2006).
  88. 小林祐一, 大西正輝, 細江繁幸, 中島弘道, 羅 志偉:"人と接するロボットRI-MANの認識・行動調停法のための人間‐ロボット対話のモデル化", HAIシンポジウム2006, No.1D-2, pp.1-6, 12月 (2006).
  89. 小林祐一,細江繁幸,"局所形状情報の補間を利用した行動学習のための関数近似", 第9回情報論的学習理論ワークショップ予稿集, pp.178-183, 2006.
  90. 小林祐一,大坪恭士,細江繁幸,野田幸男,"分散協調捕獲行動のための群移動ロボット制御", 第16回インテリジェント・システム・シンポジウム講演論文集, pp.171-176, 2006.
  91. 小林祐一,大坪恭士,細江繁幸,"群移動ロボットによる協調捕獲行動の自律分散制御", 第6回計測自動制御学会制御部門大会資料, Vol.2, pp.463-468, 2006.
  92. 小林 祐一,細江 繁幸,``局所形状情報の1次元的補間に基づく拘束付強化学習問題のための関数近似,'' 第33回知能システム・シンポジウム,19-24,2006.
  93. 小林 祐一,細江 繁幸,``特徴空間における汎化を利用した行動学習のための関数近似,'' 第18回自律分散システム・シンポジウム,357-362,2006.
  94. 小田島 正, 田原健二, 高木賢太郎, 平野慎也, 大西正輝, 浅野文彦, 加藤 陽, 中島弘道, 小林祐一, 向井利春, 羅 志偉, 細江繁幸: "人と接するロボットに求められる機能とは", 第6回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会 講演論文集, pp.213-214, 2005.
  95. 小林 祐一,大西 正輝,中島弘道,羅 志偉,細江 繁幸,``人と接するロボットのためのソフトウェアアーキテクチャ,’’第6回システムインテグレーション部門学術講演会(SI2005),215-216, 2005.
  96. 小林 祐一 大西 正輝 羅 志偉 細江 繁幸,``人間と対話するロボットのためのQoSを考慮した複数認識プロセスの調停法,’’ 第22回日本ロボット学会学術講演会予稿集,1B22, 2005.
  97. 加藤 真人 小林 祐一 細江 繁幸,``行動学習における画像認識分解能の調節可能な特徴抽出法,’’ 第22回日本ロボット学会学術講演会予稿集,2E11, 2005.
  98. 小林 祐一,細江 繁幸,``2 次元空間への低次元化写像を用いた対象物操作強化学習のための関数近似,'' 第32回知能システム・シンポジウム資料,421-424,2005.
  99. 大坪 恭士, 小林 祐一,細江 繁幸,``グラフ上の反応拡散方程式を用いた群ロボットによる協調捕獲,’’ 第22回日本ロボット学会学術講演会予稿集,pp. 3C23, 2004.
  100. 小林 祐一,細江 繁幸,``適応分解能関数近似とそのモデル更新型動的計画法への適用,'' 日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2003.
  101. 小林 祐一,細江 繁幸, ``多次元評価の強化学習における学習効率評価指標の検討,'' 第30回知能システム・シンポジウム資料,151-154, 2003.
  102. 上田 隆一,深瀬武,小林祐一,新井民夫,``ベクトル量子化による状態・行動地図の圧縮,'' 第8回ロボティクス・シンポジア予稿集, pp.445-450, 2003.
  103. 尹英杰,小林祐一,スビニン ミハイル,細江繁幸,``ハイブリッドシステムによるロボット制御に関する考察,'' 第3回システムインテグレーション部門学術講演会(SI2002),61-62, 2002.
  104. 小林 祐一,湯浅 秀男,細江 繁幸, ``多次元評価学習系の分散計算による行動獲得,'' 日本ロボット学会学術講演会予稿集, 2002.
  105. 小林 祐一,湯浅 秀男,新井 民夫, ``強化学習のための適応的関数近似--グラフ上の反応拡散方程式に基づく手法の提案--,'' 日本ロボット学会学術講演会予稿集, 715-716, 2001.
  106. 井上康介,太田順,小林祐一,湯浅秀男,新井民夫, ``局所センサ入力に基づく移動ロボットのナビゲーション行動の学習,'' 第13回自律分散システムシンポジウム資料, 379-382 ,2001.
  107. 小林 祐一,湯浅 秀男,新井 民夫, ``多次元遅延信号に基づく強化学習,'' 第13回自律分散システム・シンポジウム資料,407-410,2001.
  108. 上田 隆一, 小林 祐一, 深瀬 武, 新井 民夫, 湯浅 秀男, 太田 順, ``一様分布に基づく高速モンテカルロ自己位置同定,'' 日本ロボット学会学術講演会予稿集, 1008-1009 ,2001.
  109. 上田 隆一,小林 祐一,横井 真浩,深瀬 武,湯浅 秀男,新井民夫, ``四脚ロボットにおけるMonte Carlo Localizationに基づく環境認識, '' 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'01講演論文集,2001.
  110. 井上康介,太田順,小林祐一,新井民夫, ``部分観測環境下における自律的状態分割による強化学習,'' 第12回自律分散システム・シンポジウム資料, 223-226 ,2000.
  111. 小林 祐一,湯浅 秀男,太田 順,新井 民夫, ``遅れ報酬を含む多次元評価にもとづく状態と行動の獲得,'' 第12回自律分散システム・シンポジウム資料,463-466,2000.
  112. 小林 祐一,太田 順,湯浅 秀男,井上 康介,新井 民夫, ``脚型ロボットにおける視覚情報と蹴球動作の関係の獲得,'' 日本ロボット学会学術講演会予稿集,Vol.3, 1003-1004,1999.
  113. 千葉龍介,太田順,井上康介,小林祐一,新井民夫, ``部分観測Markov決定過程における自律的状態分割によるロボットの強化学習,'' 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集, 2A1-27-041,1/2 ,1999.
  114. 井上 康介,太田 順,千葉 龍介,小林 祐一,新井 民夫, ``部分観測環境下における強化学習による移動ロボットの行動獲得,'' 第11回自律分散システム・シンポジウム資料, 271-274,1999.
  115. 小林 祐一, 相山 康道,井上 康介,太田 順,新井 民夫, ``視覚・接触情報を用いた状態空間の自律的生成,'' 第11回自律分散システム・シンポジウム資料, 275-280, 1999.
  116. 小林 祐一,井上 康介,相山 康道,太田 順,新井 民夫, ``押し操作における視覚情報からの状態空間の自律的生成,'' 第16回日本ロボット学会学術講演会予稿集, Vol.1, 415-416,1998.
  117. 小林 祐一,相山 康道,井上 康介,太田 順,新井 民夫, ``自己組織型ハンドアイシステム,'' 日本機会学会ロボティクス・メカトロニクス講演会'98講演論文集,1CII3-3,1/2,1998.
  118. 小林 祐一, 相山 康道,井上 康介, 新井 民夫, ``GAによる物体の押し・弾き操作の獲得,'' 第15回 日本ロボット学会学術講演会予稿集,159-160,1997.
  119. 小林 祐一,相山 康道,朱 赤, 新井 民夫, ``リリース型マニピュレーションを利用した物体の受け渡し操作,'' 1996年度精密機械工学会春期大会学術講演会予稿集,Vol.3, 985-986,1997.

学会活動

外部研究資金・共同研究